ブログトップ

~木工房のいとど~

noitodo.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幅広ラワンのチェスト、3枚扉

 昔はよく造作材に利用されていましたが、最近はめっきり少なくなったラワン材、それも幅広材を使用したチェストを作りました。園のホールの左右に置かれるので、写真の右手用の他に左側に置くもの(扉の開きが逆)も作りました。
c0138410_12533450.jpg

 少々柔らかくて傷になりやすいこともありますが、木目がきれいで色目が落ち着くので、家具材としてラワンは良いと思います。
 今回は、材料支給で工作だけを請け負いました。
by noitodo | 2016-10-15 12:55

シュタイナーついたて、組み立て

 シュタイナー教育で使われる「ついたて」を作っています。貫と棚板はホゾ組みで側板に刺しています。家庭で使うのでしたら、それほど頑丈にしなくても良い状況でしたら、止めホゾにしています。しかし、園などで使う場合は乗って遊ぶことも多いので通しホゾにしてクサビを打っています。緩みません。
c0138410_2162022.jpg

組立時にクサビを打ち込みます。
c0138410_2163136.jpg

出ている部分を切り落として、磨いて、完成。
by noitodo | 2016-10-14 21:07

給食配膳用のワゴンを修理しました

 給食配膳用のワゴンを修理しました。うちが作った物ではありませんが、お得意さんの園から依頼されて修繕しました。10数年前のものです。あちこちガタがきているので、いわゆるオーバーホールです。
 ひどい作りです。長持ちさせようとか、全然考えていません。形ができていればOKって感じです。

c0138410_20234635.jpg

ホゾ組みで組んでいるのですが、一部のホゾはありません。たぶん、ホゾの分を寸法にいれずに材料を切ってしまったので長さが足りず、ホゾは別の木片を木ネジでくっつけています。耐久性ゼロ。ひどい。ホゾの代わりの木片をネイルで仮止めして木ネジで固定し、ホゾ穴に糊をつけて組み立てたけど、「ホゾ」がもげている。

c0138410_20235818.jpg

ホゾの厚みはマアマアだけど、幅はブカブカ。

c0138410_2024854.jpg

部材の切断でカネが出ていない

他には、10mmくらいのプリントベニヤ板に木ネジでスライドレールを取り付けているので、ネジが効かずにレールがガタガタ。

情けない品物でした。
by noitodo | 2016-10-13 23:34

0歳児の部屋に置くサークル

 乳児用サークル。サークルと言うけど四角です。一辺1.8m、高さは60cm、吉野桧の総檜造りです。手触りと香りがとても良い家具になりました。(ビーチ(欧州ブナ)のウレタンニス塗りとは全く違います。)
 
c0138410_199589.jpg

 手回しネジで分解できます。接続は写真のように直角にして四角に囲うこともできますし、一直線に接続することもできます。壁を使えば、L字に組んで大きく囲えます。
 縦、横、高さ、格子間隔、全てオーダーメイドです。価格は、この大きさで15万円です。
by noitodo | 2016-10-10 19:17

保育園の絵本ラック、チーク色に着色

 保育園用の絵本ラック。
 
c0138410_2115817.jpg

 既製品でも良く見かける形式です。しかし、わざわざ特注してくださるのは、サイズ、材質、仕上げ、色合い、棚割り、などを園に合わせたものを置きたいからです。この棚は、床がチーク材なので、チーク色に着色して、園舎に合わせています。棚割も指定寸法です。
 メルクシパイン集成材で作っており、価格は55,000円です。もし、選定基準が価格だけなら、MDFやプリント合板で作られている市販品を選んだほうが安いと思います。
by noitodo | 2016-10-08 21:12

ウダイカンバの座卓

 ウダイカンバ(樺の木)が白っぽくて明るい色の木です。メープルのような白ではありません。
c0138410_202657100.jpg

 長さ1.4m、幅85cmくらいです。
 4本の脚のうち2本にはキャスターが付いています。片側を持ち上げると車輪が接地するので、一人で移動できます。下ろすと、車輪は少し浮いて、脚の一部が接地しますので、ずるずる動くことはありません。
c0138410_20293745.jpg

 脚はレッグジョイントで着脱できます。H700のテーブル用にも脚を作ってありますので、ダイニングテーブルにもなります。

 樺の木はあまり多くは出回っていないようです。卓を作るときには色目が揃うように材料を集めるのが難しい木です。今回は運よく4枚揃いましたので、座卓を作ることができました。
 この座卓は、材料が揃えばですが、20万円くらいです。
by noitodo | 2016-10-07 20:34

裁縫台をリメイクしてテーブル製作

長い間使われていなかったイチョウの裁縫台?裁断台?を材料としてテーブルを作りました。長さ2mちょっと、幅50cmくらい、厚さ9cmある裁縫台は重さが30kg以上、扱いには少々重かった。
c0138410_2211356.jpg

出来上がりサイズは、1m×1m、H74cm。写真では小さいように見えるけど、実物は迫力あります。
全面を削って新しい肌を出してしまえば製材は簡単で加工も簡単ですが、今回はテーブルトップだけは平面出して研磨しましたが、裏と周囲は現状を温存して思い出の品としています。
c0138410_2235518.jpg

だいぶ杢のよいイチョウです。ただ、葉節がたくさんあって小さい穴が100個以上あいていたので、樹脂を注入して塞いでいます。仕上げはオイルフィニッシュです。
c0138410_2265049.jpg

脚は木取りできないので、ビーチを使っています。レッグジョイントで着脱可能です。天板裏面は木肌を保存するので平面出しができません。脚の取り付け部分4箇所だけをレベルを合わせて削っています。
c0138410_228452.jpg


 思い出の品であるのに、使われずに物置にしまわれている木材(今回は裁縫台)を材料として使って、何か新しい家具を作りたいと思っていることがありましたら、ご参考にして下さい。
 製作費は、細工や仕上げなどの仕様によって色々ですが、写真のテーブルで大体15万円です。
by noitodo | 2016-10-06 22:20