ブログトップ

~木工房のいとど~

noitodo.exblog.jp

1歳児の机と椅子

保育園1歳児の部屋で使われるテーブルと椅子です。
c0138410_1101724.jpg

木の種類はビーチ(ヨーロッパのブナ)です。机はウレタン塗装で、椅子は蜜蝋ワックスです。
今まで使っていたものでは足りなくなったので、製作請け負いました。現状使用のテーブルは天板がだいぶ傷んでいたので塗り直し再生をしました。
# by noitodo | 2014-09-27 11:00

保育園、2歳児室のテーブルと椅子

ホワイトアッシュで作ったテーブルと椅子です。椅子は肘掛ありと無しの2種類です。
c0138410_20465816.jpg


ホワイトアッシュは木目のはっきりした木です。野球のバットの材料にも使われているように、とても堅い木です。重いです。ですから、とても丈夫な家具ができあがります。

正直に言うと、ホワイトアッシュは堅くて加工が大変なので材料としては使いづらいのですが、家具の材料としては堅くて丈夫なのでとても良いと思います。
ただ、木目がはっきりしているので、天然木調家具の雰囲気があるので、無機質な感じがお好みならビーチなどの静かな表情の木を選ぶとよいと思います。
(もっと静かであっさりした表情の木はシナです。よく見るフラッシュ家具です。でも、表面はベニヤ板です。お勧めできません)
# by noitodo | 2014-08-27 20:53

保育園のテーブル、天板塗り直し

保育園の1歳児室のテーブルが大分痛んできたので塗りなおしました。併せて、改造もしました。幕板がある構造だったのですが、この幕板が天板下の有効高さを減らしており、子供の太ももに当たって邪魔になっていました。構造的・強度的にみて幕板は不必要で、脚の固定にのみ使われている状態だったので撤去しました。
天板はウレタン塗装で固めました。

ビフォー
c0138410_2020043.jpg
c0138410_20201533.jpg



アフター
c0138410_20203552.jpg
c0138410_20204914.jpg

# by noitodo | 2014-08-07 20:21

桧のトンネル(遊具)

トンネル遊具です。サイズは、長さ130cm、間口40cm角 です。
c0138410_21475782.jpg


アップはこんな感じ
c0138410_21483090.jpg

全て桧(吉野檜)です。いい香りがします。手触りは蜜蝋ワックス仕上げなので木の肌がそのままです。
# by noitodo | 2014-07-17 21:49

乳児のサークル

c0138410_6373494.jpg

保育園の乳児クラスに置かれたベビーサークルです。桧で作ってあります。手回しネジで4枚に分かれます。四角だけでなく、コの字型にもなります。
大きさは1.7mですが、サイズは任意です。
# by noitodo | 2014-06-30 06:40

保育園のテーブルをリメイク

保育園で使っているテーブルを高さ変更しました。別のクラスで使うようになったら、椅子に座った子供の脚が天板下の幕板に当たってしまうそうです。高さも高すぎるので低くしたいのだが、そうするともっと幕板が当たるということで、改造しました。脚を切って天板高さを4cm下げて、幕板を取り外しました。併せて、補強の桟を付け、天板の塗り直しをしました。

元のテーブル
c0138410_7393020.jpg


出来上がり
c0138410_746114.jpg


改造の様子
c0138410_7462528.jpg


塗りなおした天板
c0138410_747812.jpg

# by noitodo | 2014-06-06 07:47

ついたて

シュタイナー幼児教育の遊びに使われるついたてです。いろいろなタイプを作っていますが、これが一番基本的な形と思います。No.11と言います。
c0138410_2153455.jpg


標準的なサイズは縦1m×横1m、棚板は40cmにあります。
写真のついたては杉です。他の樹種でもできますが、価格が変わります。
# by noitodo | 2014-06-03 21:55

リメイクのご依頼 【保育園】

 K保育園さんから

 「テーブルの足を短くして、短くすると足に当たってしまう板(幕板)を上手く加工して欲しい」と、ご依頼を頂きました。


このちゃぶ台を直すわけではありませんが・・・
 
c0138410_13415241.jpg


 幕板(=まくいた)は、机を補強するためについている板のことです。↑
 天板の下、脚と脚の間に渡してある板のことです。
  
  出来あがりはだいぶ後になってしまいますが、どんな風にリメイクされたのか、
 改めて写真をアップしたいと思います。

 今あるものを、大切にしてリメイクして永く使いたい。 そんなご希望がございましたら、お声がけ下さい。

 「このテーブル、磨き治せば生き返るのに・・・」
 
 「もう少し足が短ければいいのに・・・」

 ちょっとした手直しで使い勝手がよくなります。
 加工し直せるのも木材の良いところです。

 今までにも多数ご依頼いただいていますので、お気軽にどうぞ。

 

 

 
# by noitodo | 2014-04-23 13:53