ブログトップ

~木工房のいとど~

noitodo.exblog.jp

小学校 給食ランチの椅子作り

 小学校でランチルームのテーブルと椅子を新調する話がありました。食育の一環として、まずは給食を食べるときの食卓そのものを変えようということだそうです。それまで使っていたテーブルと椅子はスチールパイプにラミネート天板のテーブルと、ビニールレザーの丸椅子でした。よくあるもので、特段悪いことはないのですが、良くもないという品物です。そこで、まずはここから変えようと、全部、木のものにしようということでした。
 テーブル7卓、椅子42脚。これを5年生と6年生の児童たちが作ることになりました。こちらで部材をすべて製材して、加工して、小学校では糊付けとネジ留めだけすればよいように準備しました。1002
c0138410_23241247.jpg
c0138410_23201024.jpg

 完成したテーブルと椅子は毎日使われています。1年生から6年生まで、どこかのクラスが毎日ランチルームを使っているそうです。子供たちは、このテーブル&椅子で食べると、いつもの給食がもっと美味しくなると言っているそうです。そして、先生の話では、木の食卓ではみんない落ち着いて食べ、ウロウロしたり、キョロキョロしたり、うるさくしたりする子がいないそうです。教室での給食とは雰囲気が一変しているとのことです。



by noitodo | 2018-10-12 09:56
<< 保育園のテーブル クルミのダイニングテーブル >>